fc2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

[告知] シューベルトツィクルス第16回「舞曲Ⅲ ―最後のワルツ―」

シューベルトツィクルス第16回
2022年4月14日(木) 19時開演 東京オペラシティリサイタルホール
♪ドイツ舞曲 D135 ♪ドイツ舞曲 D139 ♪20のワルツ D146(「最後のワルツ」)
♪エコセーズ D158 ♪ドイツ舞曲 D975 ♪16のドイツ舞曲と2つのエコセーズ D783
♪3つのドイツ舞曲 D971 ♪3つのドイツ舞曲 D973 ♪2つのドイツ舞曲 D974 ♪2つのレントラー D980B
♪2つのドイツ舞曲 D841 ♪ギャロップと8つのエコセーズ D735
一般4,500円/学生2,500円 →チケット購入
  1. 2022/04/14(木) 19:00:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャロップと8つのエコセーズ D735 概説

ギャロップと8つのエコセーズ Galopp und acht Ecossaisen D735
作曲時期不明 出版:1825年(作品49)
楽譜・・・IMSLP

1825年11月に「34の感傷的なワルツ」D779とともにディアベリから出版されたが、早くも1年後に再版され、その表紙には「1826年の謝肉祭に、ペストの七選帝侯ホールでの舞踏会で演奏された」と記されている。
なぜこの作品が遠くペスト(現在のブダペスト)で演奏されることになったのか、それがどういう意味を持つのかはよくわからないが、かなり長い期間にわたって、しかもオーケストラ版で演奏されたようで、大人気を博したものと思われる。同年ペストのミュラー社からも刊行されたこともそれを裏付けている。
最初にダ・カーポ形式のギャロップが置かれ、その後8曲のエコセーズが続く。いずれも自筆譜は現存しないが、第6エコセーズはD977-1(変ニ長調)とほとんど同一であり、かなり早い時期(1815年前後)に成立した作品と推測されている。

ギャロップ ト長調/ハ長調
2拍目にアクセントのある陽気なギャロップ。ハ長調のトリオではさらに疾走感が高まる。

エコセーズ
1. ト長調
ファンファーレ風の和音連打で始まる。後半ではロ長調に接近する。
2. ホ短調
ホ短調とト長調の間を揺れ動くが、曲頭と曲尾はホ短調。おなじみのダクティルスのリズムが主要モティーフとなっている。
3. ニ長調
こちらは逆に短短長リズムの連打が特徴的なエコセーズらしい楽曲。3度重音が技巧的。
4. 変ロ長調
右手は2声で重ねている。後半では剽軽な表情を見せる。
5. 変ホ長調
3度重音が続く技巧的なエコセーズ。後半のトレモロ音型が面白い。
6. 変ホ長調
3連符で始まる軽快なエコセーズ。最終2小節はD977-1よりも1オクターヴ高く指示されている。
7. 変ホ長調
全編にわたりオクターヴ+スタッカートの、シャンパンの泡のような軽やかなエコセーズ。前半は延べで記譜されている。
8. 変イ長調
分散和音の跳躍の多いメロディーに細かなアーティキュレーションが指定されている。後半の突然のハ長調(ヘ短調?)への転調が意表を突く。
  1. 2022/04/13(水) 10:53:33|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2つのドイツ舞曲 D841 概説

Brown, Ms. 58  2つのドイツ舞曲  Zwei Deutsche
タイトル:なし
日付:1825年4月
所蔵:Leon Robbins(個人蔵)

2つのドイツ舞曲 Zwei Deutsche D841
作曲:1825年4月 出版:1930年
楽譜・・・IMSLP

独立した自筆譜(Brown, Ms.58)には1825年4月と記されているが、タイトルはない。

1. ヘ長調 [B] その他
付点のアウフタクト、2拍目から長く伸ばされるオクターヴのバスが静かなスウィング感を生み出す。B部後半での短調への接近が美しい。

2. ト長調 [B] メヌエット型
右手は重音と属音保続を交替させるヴァイオリン的なテクスチュア。鄙びた印象だが、やはりB部の和声は少し凝っている。
  1. 2022/04/13(水) 00:20:25|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2つのレントラー D980B 概説

Brown, Ms. 16  2つのレントラー 変ホ長調  Zwei Ländler in Es
タイトル:Ländler
日付:なし
所蔵:シュタイアー合唱協会

2つのレントラー Zwei Ländler D980B
作曲時期不明 出版:1925年
楽譜・・・IMSLP

独立した自筆譜(Brown, Ms. 16)として残されているこの2曲はかつてはD679を与えられていたが、作曲時期不詳のため1978年の目録改訂時に現在の枝番号に落ち着いた。裏面は他人の記譜練習に用いられているという。

1. 変ホ長調 [B] メヌエット型ドイツ舞曲型
全編を通じてメロディーが3度で重ねられていること、またA部は左手もト音記号で記譜されているように高音域に偏っていることが特徴である。
ブラウンが指摘した通り、このレントラーは「12のドイツ舞曲」D420の第10曲(イ長調)とほぼ一致している。かつてシュパウン家が所有していた筆写譜(後に消失)には1816年という作曲年が記録されており、ブラウンはこれをもとに成立年代を推測しているが、新全集はより慎重な立場を取っている。

2. 変ホ長調 [B] ワルツ型ドイツ舞曲型
起伏の多い器楽的な旋律線とI・Vの交替のみのシンプルな和声は確かにレントラーの特徴を帯びている。
  1. 2022/04/12(火) 15:56:16|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2つのドイツ舞曲 D974 概説

2つのドイツ舞曲 Zwei Deutsche D974
作曲時期不明 出版:1889年
楽譜・・・IMSLP

かつてブラームスが所有していた、5曲の舞曲が書き込まれた自筆譜(Brown, Ms. 48)のうち「17のレントラー」D366に入集しなかった2曲。新全集では「2つのレントラー」のタイトルになっている。

1. 変ニ長調 [B] ワルツ型
メロディーの3度重音や分散和音音型は確かにレントラーの特徴を有する。B部前半ではメロディーのモティーフが左手に移動する。

2. 変ニ長調 [B] ワルツ型
こちらも跳躍の前の細かい休符や長音に付けられたアクセントなど、レントラー調といっていいだろう。ほとんどIとVしか登場しないシンプルな和声。
  1. 2022/04/12(火) 14:35:00|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3つのドイツ舞曲 D973 概説

3つのドイツ舞曲 Drei Deutsche D973
作曲時期不明 出版:1889年
楽譜・・・IMSLP

9曲のドイツ舞曲を収めたBrown, Ms. 46のうち、「感傷的なワルツ」D779に採用された6曲(D779-1,2,3,4,34,33)を除外した3曲である。

1. ホ長調 [B] メヌエット型
メヌエットの特徴が色濃い舞曲。1拍と1/4のアウフタクトはD779の序盤の舞曲たちと共通している。

2. ホ長調 [B] その他+ワルツ型
同じく1拍と1/4のアウフタクトを持つ。付点リズムの重音と左手の空虚5度が鄙びた雰囲気を醸し出している。

3. 変イ長調 [B] その他
短長リズムで、強勢の置かれた2拍目から1拍目へなめらかにスラーがかけられている。B部では変ハ長調に一時的に転調する。
  1. 2022/04/12(火) 01:52:34|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ