FC2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1817年のピアノ・ソナタと2つの謎

(シューベルトのピアノ・ソナタの一覧はこちら。)

シューベルト20歳1817年は、「ピアノ・ソナタの年」と言ってもよいだろう。生涯で最も多い、6曲のピアノ・ソナタ(D537、D557、D566、D567、D571、D575)に着手している。しかもこの6曲は3月から8月までの半年間に集中して書かれているのだ。
このピアノ・ソナタへの集中は、ひとつには彼の創作環境が変化したことと関係しているようだ。前年1816年の秋、シューベルトは実家を出て、親友フランツ・フォン・ショーバーの邸宅に身を寄せることになった。教職を捨てて専業の音楽家になろうとしたシューベルトは父親の逆鱗に触れて家に居づらくなり、そこへショーバーが住まいを提供した、という事情らしい。友人の家を転々と渡り歩く、ボヘミアン暮らしの始まりであった。ショーバー邸には6オクターヴのピアノがあって、それを自由に使えたことが、ピアノ曲の創作意欲を高めたと考えられている。
もうひとつ、シューベルトはプロの作曲家として認められるための第一歩として、ピアノ・ソナタを発表したいと考えていたふしがある。当時ウィーンでフリーランスの作曲家として成功していたロールモデルは、何と言ってもベートーヴェンだった。若きベートーヴェンがウィーン進出後に最初に出版したのは、室内楽曲やピアノ・ソナタであり、それらの成功は彼に新進作曲家としての名声と、潤沢な収益をもたらした。シューベルトはもちろんそのことを知っていたのだろう。それまでにシューベルトが作曲していた歌曲や自由な形式の器楽曲では、プロを名乗るには不十分だった。より大規模な古典様式の書法をマスターしなければ、という思いも強かったに違いない。
シューベルトが作曲した「6曲」という数は、ハイドンやモーツァルトがピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲を出版する際の基本セット数であり、既に失われつつあったウィーンの伝統に倣おうとしたとも考えられる。

しかし、1817年の作品として知られる6曲のソナタを、シューベルトがそのままセットとして出版しようとしていた、とは考えにくい。その理由は、シューベルト本人が書き記した通し番号にある。

<謎・1>
1817年の最初のソナタは、3月に完成したD537(イ短調)である。この楽譜の冒頭に、シューベルトは自ら「5te Sonate」(第5ソナタ)と記している。
しかし、シューベルトのピアノ・ソナタとして知られているものは、これ以前には3曲しかない。よってD537は現在「第4番」とされている。
もっと遡ると、ソナタの第2作として知られるD279(ハ長調)の自筆譜には「Sonate I」(第1ソナタ)との標題もある。
まとめると、
(第1番)ホ長調 D157
(第2番)ハ長調 D279 → Sonate I
(第3番)ホ長調 D459
(第4番)イ短調 D537 → 5te Sonate
ということになる。
シューベルト自身の通し番号を信じるなら、D279とD537の間に、知られていないソナタが少なくともあと2曲存在していたことになる。

<謎・2>
1817年の2作目は5月の日付を持つD557(変イ長調)である。このソナタの自筆譜には通し番号はない。
6月に作曲した第3作D566(ホ短調)には「Sonate I」、第4作のD567(変ニ長調)には「Sonate II」とある。D567の草稿には、「Sonata X」と書いて上から「II」に訂正したような跡もある(清書稿には明瞭に「II」と記されている)。
D566を起点として、シューベルトは新たにソナタの通し番号を付け始めた。ここから新たなソナタセットを書き始める予定だったのかもしれない。
ところがここからが問題である。第5作、7月の日付を持つD571(嬰ヘ短調)の自筆譜に記されているのは「Sonate V」。更に第6作(この年の最後のソナタ)、8月完成のD575(ロ長調)の草稿には通し番号はないものの、筆写譜の方に「Sonate VI」と記されているのだ。
つまり、
Sonate I → D566
Sonate II → D567
Sonate III → 
Sonate IV → 
Sonate V → D571
Sonate VI → D575
となって、IIIとIVに比定しうるソナタがない、ということになる。D567とD571の間に、もう2作ソナタを書いたのだろうか? いくら速筆のシューベルトとはいえ、6月にD566とD567を仕上げ、7月にはD571に取り組んでおり、その間にあと2作というのはちょっと無理ではないだろうか。

この2つの謎を解くために、多くの研究者がさまざまな説を唱えている。後々ご紹介する機会もあるかもしれない。
<謎・2>に関して言えば、私はこれらの番号は必ずしも作曲した順に付けられたのではないと思う。シューベルトは初めから6曲のソナタセットを構想していて、D571とD575をその「第5曲」と「第6曲」に据えるつもりで書いたのだろう。IIIとIVは結局計画倒れで書かれなかったか、または、シューベルトの脳内ではなんとなく新ソナタの構想ぐらいはあったのかもしれず、その構想が翌年以降のソナタに結実した可能性もある。以前に書いたD537やD557を充てるつもりだったという可能性もなくはない(個人的には、D557を手直しして入れた可能性は十分にあると思う)。

いずれにしても、この「ソナタセット」は完結せず、1曲たりとも生前に日の目を見ることはなかった。
着手した6曲のうち、完結した形で残されたのは2曲のみ(D537とD575)で、これらはそれぞれ作品164と作品147として、シューベルトの死後にようやく出版された。
さらに、「Sonate II」と題された変ニ長調のD567は、後に手直しされて変ホ長調のD568として完成し、シューベルトの死の翌年、1829年に作品122として出版されている。次回以降は、このソナタの話題から始めていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/02(土) 00:07:12|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最終稿から遡る:ソナタD567とD568について | ホーム | [告知] シューベルトツィクルス第5回「舞曲I ―優雅なワルツ、感傷的なワルツ―」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://schubertzyklus.blog.fc2.com/tb.php/46-b52b5f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。