fc2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

2つのドイツ舞曲 D974 概説

2つのドイツ舞曲 Zwei Deutsche D974
作曲時期不明 出版:1889年
楽譜・・・IMSLP

かつてブラームスが所有していた、5曲の舞曲が書き込まれた自筆譜(Brown, Ms. 48)のうち「17のレントラー」D366に入集しなかった2曲。新全集では「2つのレントラー」のタイトルになっている。

1. 変ニ長調 [B] ワルツ型
メロディーの3度重音や分散和音音型は確かにレントラーの特徴を有する。B部前半ではメロディーのモティーフが左手に移動する。

2. 変ニ長調 [B] ワルツ型
こちらも跳躍の前の細かい休符や長音に付けられたアクセントなど、レントラー調といっていいだろう。ほとんどIとVしか登場しないシンプルな和声。
スポンサーサイト



  1. 2022/04/12(火) 14:35:00|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2つのレントラー D980B 概説 | ホーム | 3つのドイツ舞曲 D973 概説>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://schubertzyklus.blog.fc2.com/tb.php/159-b88165ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)