fc2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

ドイツ舞曲 D135 概説

ドイツ舞曲 ホ長調 Deutscher E-dur D135
作曲:1815年 出版:1930年
楽譜・・・IMSLP

Brown, Ms.9の第1曲のトリオはD146に採用されなかったため、この舞曲全体がD135としてドイチュ目録に載ることになった。D146-3の初稿などと説明されることもあり、トリオ部分のみをD135としている資料もある。

主部 ホ長調 [T] ドイツ舞曲型
トリオ ホ長調 [T] ドイツ舞曲型


主部についてはD146(第3曲)の解説で述べたが、その重厚な響きと対照的にトリオは高音部に偏った薄いテクスチュアで書かれている。短前打音とsfのついたアウフタクトから始まり[3]にはターンも現れるメロディー、B部での低音部からの上行アルペジオなど、チャーミングな箇所が多いトリオで、なぜD146に入集できなかったのか不思議に思える。
スポンサーサイト



  1. 2022/04/07(木) 13:19:42|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドイツ舞曲 D139 概説 | ホーム | Brown, Ms. 9 12のトリオ付きドイツ舞曲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://schubertzyklus.blog.fc2.com/tb.php/150-b322486c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)