FC2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[告知] シューベルトツィクルス第9回「4手のためのソナタI ―1818年、ツェリスにて―」

シューベルトツィクルス第9回チラシ
2018年10月5日(金)19時開演 東京文化会館小ホール ゲスト:中桐望(ピアノ)
♪ロンド ニ長調 D608 ♪ドイツ舞曲と2つのレントラー D618 ♪ソナタ 変ロ長調 D617(「グランド・ソナタ」)
♪フランスの歌による8つの変奏曲 ホ短調 D624 ♪3つの英雄的行進曲 D602
一般4,000円/学生2,000円 →チケット購入
スポンサーサイト
  1. 2018/10/05(金) 19:00:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[告知] シューベルトツィクルス第8回「ピアノ・ソナタIII ―旅するシューベルト―」

2018-04-18_第8回チラシ
2018年4月18日(水)19時開演 東京文化会館小ホール
♪グラーツのギャロップ ハ長調 D925 ♪12のグラーツのワルツ D924
♪ピアノ・ソナタ 第10番 ロ長調 D575 作品147 ♪ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 D850 作品53
一般4,000円/学生2,000円 →チケット購入
  1. 2018/04/18(水) 19:00:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[告知] シューベルトツィクルス第7回「人生の嵐 ―4手のためのピアノ曲―」

シューベルトツィクルス第7回チラシ
2017年6月22日(木)19時開演 東京文化会館小ホール * ゲスト:川島基(ピアノ)
♪序曲 ト短調 D668 * ♪12のドイツ舞曲 D420 ♪8つのエコセーズ D529 ♪12のレントラー D681より 現存する8曲
♪序奏、創作主題に基づく4つの変奏曲とフィナーレ 変ロ長調 D968A * ♪アレグロ・モデラート ハ長調 と アンダンテ イ短調 D968 *
♪アレグロ イ短調 D947(「人生の嵐」) * ♪ロンド イ長調 D951(「大ロンド」) *
一般4,000円/学生2,000円 →チケット購入
  1. 2017/06/22(木) 19:00:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

川島基さんインタビュー(3) 心が折れる瞬間

インタビュー第1回はこちら
インタビュー第2回はこちら

インタビューに同行した佐藤の妻が川島さんに質問。

いつき 川島さんは、シューベルトってどういう人だったと思いますか?
川島 とてもナイーブで、繊細な人だったと思います。強さ、人間としての強さはありましたけど、男らしい強さっていうと、ベートーヴェンほどではなかったかなと思いますね。
いつき シューベルトで一番好きな曲はなんですか?
川島 難しい・・・!
佐藤 これね、難しい質問ですよね(笑)
川島 うーん・・・いや、交響曲「グレート」も好きですし、だけどやっぱりピアノ曲ですかねえ。でも何って言われると、その時々によって違いますね。
佐藤 今ヒットしてる曲っていうと。
川島 今・・・やっぱり1曲に決められないですね。でも常に上位なのは、やはり最晩年の3曲のソナタ、D958・D959・D960ですかね。他の曲が嫌いというわけではないんですが。佐藤君は?
佐藤 僕は、難しいところですけど、1曲っていったらベタだけど「菩提樹」かなあ。
川島 はあー。
佐藤 あのメロディーをよく見つけたなというか、単純なメロディーですけど、シューベルトが書かなかったらもう誰も発見できなかっただろうっていう。あれはやっぱり特別ですね。
川島 シューベルトってね、ある人に言わせればものすごく暗い、陰鬱でじめじめした曲をたくさん書いてるっていうイメージがあるようですけど、最も暗い曲って何だと思う?
佐藤 最も暗い曲ねえ。なんだろうな。
川島 僕はやっぱり「冬の旅」の最後の「ライアー回し」。
佐藤 ああ、ライアー回し。
川島 あれはもう一番心にくるっていうかなんていうか、寂しくなる曲ナンバーワンですね。
佐藤 あれなんかも暗いですね、「ドッペルゲンガー」(「白鳥の歌」より)。
川島 ああ「ドッペルゲンガー」ね。あれも暗いですよね。

佐藤 あるとき、雑誌の「音楽の友」でピアニスト何十人にアンケートっていう企画があって、そこで生涯の最後に弾きたい曲は何ですかっていう質問があったんです。
川島 ふうん。
佐藤 面白いことに、お年を召したピアニストほど、それに対して無回答なんですけど(笑)、答えた人の中で圧倒的に多かったのが、ベートーヴェンの作品111(ピアノ・ソナタ第32番)なんですよ。
川島 ・・・はぁ、そうですか。
佐藤 で、僕はD960って書いたんですけど、そう答えた人は割と少なかったですね。
川島 ああ、やっぱりでも最後の作品。Hob.XVI:52(ハイドンの最後のソナタ)じゃダメなんですね。
佐藤 そんな人いたかな(笑)
川島 K.576(モーツァルトの最後のソナタ)は?
佐藤 K.576はちょっと良いような気もしますけど(笑)でも人によってはね、ラフマニノフの(ピアノ協奏曲)3番なんていう回答もあって。
川島 それはもう、弾きながら死んでしまう。
佐藤 まだ相当元気な感じですよね(笑)
川島 死ぬときに聴きたい曲っていうのはなんとなくありますけど、弾きたい曲っていうのは難しい。
佐藤 「最後のコンサートで弾きたい曲」っていう。
川島 ああ、最後のコンサートでね。そうなると僕はD958かなあ。
佐藤 ああ、そうですか。
川島 やっぱり一番弾きたいのは、一番思い入れのある曲ですよね。作品111もそうですけど、moll(短調)が弾きたい感じはしますね。

川島基さんと

佐藤 今回、4手連弾の曲をやるにあたって、まずはシューベルトのことを本当によく知っているピアニストで、かつ結構難しい曲なので、テクニックも強靱な方ということで、是非川島さんにと思ってお願いしたんですけど、普段は連弾はあんまりなさらないんですか?
川島 連弾はもう、フォーレのドリーだとか、そういう超メジャーな曲しかやったことがなかったんです。2台ピアノは割とあるんですけど、連弾っていうのは本当に弾く機会がないですよね。
佐藤 まあそうですよね。
川島 なので、今回本当に絶好の機会だと思って。せっかく佐藤君とやらせていただけるので、しっかり勉強させてもらって、今後に生かしていこうかと思ってます。
佐藤 いえいえ、こちらこそよろしくお願いいたします。僕もこのシリーズをやっているおかげで、シューベルトの連弾曲がこんなにたくさんあるんだって初めてちゃんと認識して、これはちょっと大変だなって思ってるんですけど。よく取材とかで「シューベルトのどこが好きなんですか?」とか聞かれていつも答えに苦慮するんですけど、何かシューベルトについて「こういうところが」みたいな。
川島 いやぁなかなか・・・。口に出してっていうのは難しい。
佐藤 ええ、ですからもう、シューベルトについて思うところをフリーに話していただければと思って。
川島 僕は先日ちょうどベートーヴェンのソナタを弾いてきたばっかりで、最近はベートーヴェンにどっぷり浸かってたんですけど、なんていうんですかね・・・。もちろんシューベルトはベートーヴェンを尊敬していて、その影響を受けながらも、彼は彼の新境地を見つけ出していったわけで・・・。でも、ベートーヴェンみたいに「何が何でも時代を変えてやるんだ」とか、そういう強い気持ちっていうよりかは、そう思ってても何か心が折れてしまう瞬間っていうのがね。
佐藤 ああ、はい。
川島 シューベルトってあると思うんですよ。ソナタ形式の展開部とか見てても、「熱情」の展開部みたいな「絶対やり抜いてやる」っていうんじゃなくて、何かポキッと折れる瞬間がね。あそこがもう本当に僕は好きなんです。そういうところの色とか表情を、いかにピアノの音色に変えて出していくかっていうのが、非常に難しいと思うんですよね。あとは、31歳で亡くなったわけですから、彼が60歳まで生きてたら、どんな作品を書いてたんだろうってね、そういうところにも非常に興味がわきますし。
佐藤 そうですよね。
川島 ピアノコンチェルトをね、1曲でも書いて欲しかった。
佐藤 うーん、まあね、でもどの楽器のコンチェルトも書いてないですから。ヴァイオリンのそれらしいのが1曲ぐらいありますけど、だからコンチェルトってものに全然興味がなかったのかなっていう感じはしますよね。
川島 そうですかね。後にとっておいたのかもしれない。
佐藤 うーん、そうかもしれないですね。・・・ではインタビューはこの辺で。
川島 なんだかとりとめもない話で。
佐藤 いやもう、いかにもシューベルトっぽくて良いですよ。どうもありがとうございました。

(2016年11月17日、東京音楽大学にて)
  1. 2017/06/04(日) 22:43:03|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川島基さんインタビュー(2) 奥様は声楽家

インタビュー第1回はこちら

佐藤 ドイツに14年いらしたんですか?
川島 正確には13年と10ヶ月。
佐藤 その間、向こうでも演奏活動をされていて、それで日本に帰ってこられて、何か違いのようなものってありますか?
川島 それはよく聞かれるんですけどね。弾いてる本人にしてみれば、どこでも本気で挑むわけですから、その点では変わりはないんですけど、やはり演奏が終わったあとの聴衆の反応がね。
佐藤 ああ。
川島 ヨーロッパの人たちって、温度を感じるんですよね。聴衆の熱気だったりとか、そういうのはヨーロッパの方がよりダイレクトに味わえますよね。日本人って割とおとなしく聴いてる人が多くて、自分の思っていることを外に出すのを憚るっていう文化があると思うんですけど。でももうちょっと日本もね、こうオープンになってもいいんじゃないかって思うことは多々ありますけどね。
佐藤 (笑)ええ、ええ。
川島 あとは、やっぱりホールの響きだったり、よく感じるのは調律の違い。ヨーロッパの調律の仕方と、日本の調律師さんのやり方って、たぶんおそらく聴いてるポイントが違うんだと思うんですけど。単音で弾いたときに、日本の方はぴたっとこう合ってる。
佐藤 うんうん。
川島 向こうの調律師さんが調律したピアノは、1音だけ鳴らすと、そんなに整ってる感じは受けないんです。でもハーモニーとか、ポリフォニーを弾いたときに初めて立体的に浮き上がってくる。日本の音の立ち上がり方と、向こうの立ち上がり方と、違う感じが僕はしました。
佐藤 ははあ、なるほど。言われてみればそうかもしれないですね。
川島 向こうに住んでいたとき、日本に一時帰国して演奏会すると、耳が最初なじまない。響きにね。
佐藤 ああ。
川島 反対に日本から向こうに行ったときには、ああこれかって思うんです。
佐藤 なるほど。たとえば、マネージャーや主催者とのやりとりって日本とヨーロッパで結構違ったりするものですかね。
川島 それはどうですかね?
佐藤 どちらも同じようなものですか?
川島 日本はわからないですけど、向こうの主催者の人たちっていうのは、なんていうんですかね、まあよく話しますよね。演奏家と。
佐藤 (笑)なるほどね。
川島 雑談っていうか、人となりをちゃんと知らないと弾かせてもらえないみたいなところがある気が、僕はしました。主催者の人と長電話したり、メールのやりとりで結構込み入ったことも・・・事務的な話だけじゃなくて、音楽観まで探られるっていうかね。
佐藤 それは面白いですね。

佐藤 奥様は声楽家でいらっしゃるんですよね(ソプラノの川島幸子さん)。
川島 そうですね、はい。もともと妻はピアノ出身で、ドイツに行ってから歌を始めたんですよ。
佐藤 すごいですね。
川島 だからいまだに声楽曲よりもピアノ曲の方が好きなんです、実は。
佐藤 へえ、そうなんですか。
川島 歌は仕事というか、自分にはそういう声があるっていうことで歌を本業にしてますけど、ピアノのことは誰よりもよくわかってて、誰よりも厳しい耳で聞かれてますから、一番怖いです。いつもダメ出しばっかりされてます(笑)
佐藤 奥様ともいろんな曲を共演されてると思うんですけど、シューベルトも演奏されます?
川島 この間「ミニョンの歌」をやったんですよ。
佐藤 はい、はい。
川島 ミニョンはヴォルフもシューマンも書いてますけど、やっぱり僕はシューベルトのミニョンが一番心に響くんです。でも声楽家の妻にしてみれば、非常に難しい音域で書かれていて、歌いづらい。特にソプラノの高音域の人には、ものすごく難しいそうです。もちろんシューベルトは歌曲王っていわれてるんですけど、むしろリヒャルト・シュトラウスとかの方が、とっても自然に声になるみたいで。
佐藤 ああ、それはでもよく聞きますね。シュトラウスみたいに「人間の声の扱いをよく知っている」っていうよりは、シューベルトは「こういう音楽が欲しい」っていうので書いてるので、声に乗せにくいという。
川島 あと僕が感じるのは、なんていうか・・・ピアノのレッスンをしてて、シューベルトの曲で「歌うように」っていっても、今言ったような、声楽で歌うっていうよりかは、弦楽四重奏がいっぱい流れてきてるのが聞こえるんですよね。弦楽器の音の鳴り方、奏法だったりアーティキュレーションだったり、どうもそうにしか聞こえない自分がいて。カンタービレでも、ヴァイオリンとかチェロの音だなって思うんですよね。
佐藤 それはしかし、すごく新しい意見ですね。言われてみれば、確かにそういう曲も思い当たります・・・。

(つづく)
  1. 2017/06/03(土) 22:07:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。