シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

[告知] シューベルトツィクルス第7回「人生の嵐 ―4手のためのピアノ曲―」

シューベルトツィクルス第7回チラシ
2017年6月22日(木)19時開演 東京文化会館小ホール * ゲスト:川島基(ピアノ)
♪序曲 ト短調 D668 * ♪12のドイツ舞曲 D420 ♪8つのエコセーズ D529 ♪12のレントラー D681より 現存する8曲
♪序奏、創作主題に基づく4つの変奏曲とフィナーレ 変ロ長調 D968A * ♪アレグロ・モデラート ハ長調 と アンダンテ イ短調 D968 *
♪アレグロ イ短調 D947(「人生の嵐」) * ♪ロンド イ長調 D951(「大ロンド」) *
一般4,000円/学生2,000円 →チケット購入
スポンサーサイト
  1. 2017/06/22(木) 19:00:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

8つのエコセーズ D529 概説

8つのエコセーズ Acht Ecossaisen D529
作曲:1817年2月 出版:1871年(第1~3,6,8曲)/1897年(第4,5,7曲)
楽譜・・・IMSLP

(曲種「エコセーズ」の解説はこちら)

シュパウン家に伝わる自筆譜には1817年2月の日付がある。8曲のうち、第1~3曲、第6曲、第8曲のみが抜粋され、D420と組み合わせて1871年に出版されたことは前述した通りである。この5曲が抜粋された経緯は定かではないが、おそらくシューベルト自身が5曲を抜き出して別の自筆譜を作成し、これがシュタットラーを経てゴットハルトに渡り、D420同様製版後に散逸したとみられる。
このとき出版されなかった3曲は1897年に新全集の補遺として初めて公開されたが、他の5曲はやはりD420と組み合わせた形で1888年の本巻に既に収められていたので、収録巻が2つに分かれてしまった(IMSLP参照)。そういう経緯もあり、D529については今も「5つのエコセーズ」の表記が根強い。今回の公演の告知資料にも「5つのエコセーズ」と表記してしまったが、自筆譜に基づき「8つのエコセーズ」として、自筆譜通りのオーダーで演奏する。
第3曲を除いてすべてニ長調で書かれており、全曲エコセーズの定型通り8小節+8小節の二部形式をとっている。

1. ニ長調
 シューベルトの好みのダクティルスによる開始。左手にホルン風の音型が現れる。
2. ニ長調
 ファンファーレ風の和音に続き、ギャロップのようなスケルツァンドな音型が奏される。
3. ト長調
 装飾音を伴うモティーフは前曲のB部分から採られている。
4. ニ長調
 意表を突いたドミナントからの開始。右手は無窮動の8分音符が続き、左手には再びホルン音型が登場する。
5. ニ長調
 前曲に続いて右手は無窮動。B部分はソロとトゥッティの対比になっている。
6. ニ長調
 ダクティルスとは逆の、短短長のリズムで重音や和音が刻まれていく。
7. ニ長調
 前曲と同じく短短長リズムだが、こちらは単音の連打でより軽やかな曲想。連打には432という指使いまで指定されている。
8. ニ長調
 冒頭に「Nach einem Volkslied」(民謡に基づく)との注記がある。ドイチュの研究によると、ニーダーエスターライヒの民謡「's Bedlwaibl wollt Kiarifiartn gehn(貧しい女は市に行きたかった)」、別名「Der geschlagene Mann」(殴られる男)が原曲だという。
この民謡は古くから存在したようで、既に1578年の文献に載っているというが、その後アルプス地方で長く歌い継がれ、1818年にフランツ・ツィスカとユリウス・マックス・ショットキーが編集した「オーストリア民謡集」に収録されている。モーツァルトのディヴェルティメント第15番K.287の終楽章をはじめ、数多くの音楽作品に引用されている有名なメロディーだったようだ。シューベルトの舞曲でこのような注記がある作品は珍しいが、きっと仲間内でも評判になったことだろう。
  1. 2017/06/13(火) 08:51:39|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0