FC2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

[告知] シューベルトツィクルス第10回「舞曲Ⅱ ―最初のワルツ―」

第10回チラシ
2019年4月5日(金)19時開演 東京文化会館小ホール
♪3つのドイツ舞曲 D972 ♪36のオリジナル舞曲(ワルツ) D365(「最初のワルツ」) ♪2つの舞曲 D980A(断片・佐藤卓史による補筆完成版)
♪エコセーズ 変ホ長調 D511 ♪ドイツ舞曲 変ト長調 D722 ♪12のワルツ、17のレントラーと9つのエコセーズ D145 ♪6つのレントラー D970
♪2つのレントラー D980C(断片・佐藤卓史による補筆完成版) ♪8つのエコセーズ D977 ♪6つのエコセーズ D421
一般4,000円/学生2,000円 →チケット購入
スポンサーサイト



  1. 2019/04/05(金) 19:00:00|
  2. シューベルトツィクルス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brown, Ms. 43 4つのドイツ舞曲

Brown, Ms. 43  4つのドイツ舞曲  Vier Deutsche
タイトル:Deutsche
日付:1821年8月
所蔵:ウィーン楽友協会資料室(資料番号 A260)

シューベルト自身の筆跡で番号付けされた4曲は、後にD365D145に2曲ずつ分かれて収録された。

1. ト長調 →D365-32 ヘ長調
出版譜のOp.9-32、また嬰ヘ長調で記譜されたBrown, Ms. 39(1821年3月8日)と比べると、細部に多くの相違がある。[2][18]の右手1拍目の短前打音がなく、[5][6][21][22]のオクターヴ重複もない。[9]-[16]の左手の伴奏型が、より簡素な形に変わっている。また全曲を通してデュナーミク指示がなく、アーティキュレーションもほとんど書かれていない。

2. ト長調 →D365-33 ヘ長調
前曲同様、Op.9-33、Brown, Ms. 39とは細部の相違が認められる。[8]2括弧(延べで書かれているOp.9-33では[16])後半、右手に次小節へのアウフタクト音型が追加されており、[20](Op.9-33では[28])の3拍目に音が加えられているほか、左手の伴奏型には多数の異同がある。アーティキュレーションの点では、Op.9-33では3拍目のアクセントから次拍へのスラーが掛かっているが、この自筆譜はスタッカートで分離されている。デュナーミクの点では、冒頭のpの指示はなく、後半のppに向けて[6]2括弧からdecresc.と指示されているのが興味深い。[17](Op.9-33では[25])はfではなくffとされている。

3. ロ長調 →D145-W2 ロ長調
7月成立の「アッツェンブルック舞曲」Brown, Ms. 42とほぼ同じ内容であり、若干デュナーミクの指示が少ない程度である。

4. 変ホ短調 →D145-W5 ホ短調
こちらも5月成立の、カロリーネ嬢の名のあるBrown, Ms. 41とほぼ一致している。[1]3拍目のsfはなく、[8]の3拍目の左手は休符。また[9]のデュナーミクはpではなくppとなっている。

いずれも先行する自筆譜が存在するが、とりわけ最初の2曲に関してはよりシンプルな書法となっており、出版譜とも一致しない。舞踏会のためのメモ、あるいは他人が弾くことを想定した別ヴァージョンと考えられる。Brown, Ms. 39の嬰ヘ長調から、簡単なト長調への移調を考えると、読譜力の低いアマチュアを想定した写本なのかもしれない。
また、他の自筆譜や出版譜では延べで書かれている第2曲(D365-33)・第3曲(D145-W2)において、1括弧・2括弧を伴う繰り返し記号が使用されていることから、少ないスペースにぎっしりと書こうとした形跡が窺える。
  1. 2019/03/22(金) 01:11:44|
  2. 舞曲自筆譜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brown, Ms. 42 6つのアッツェンブルックのドイツ舞曲

Brown, Ms. 42  6つのアッツェンブルックのドイツ舞曲  Sechs Atzenbrugger Deutsche
タイトル:Atzenbrucker Deutsche
日付:1821年7月
所蔵:ウィーン楽友協会資料室(資料番号 A259)

1821年夏アッツェンブルック城滞在中に作曲されたとみられる。アッツェンブルック城での、ショーバーたちとの楽しい催しについては以前紹介した。滞在中、シューベルトはほとんど創作を行っていなかったと思われるが、その唯一の例外といえるのがこの舞曲集である。
6曲は、D365(「36のオリジナル舞曲」作品9)D145(「12のワルツ、17のレントラーと9つのエコセーズ」作品18)に順不同に収録されたが、この自筆譜の存在は古くから知られていて、連作としてしばしば演奏されてきた。

1. ホ長調 →D145-W1 ホ長調
前半16小節の間じゅう、右手に掛かっている8va(1オクターヴ高く)の指示が目を引く。結果的に[9]アウフタクト~[13]以外の前半のすべての小節で、右手はOp.18-W1よりも1オクターヴ高く奏され、結果的に[14]-[16]の左手も低域に移動せずに同じ音域に留まっている。
後半、[17]のアウフタクトから3拍間の右手上声の音型に違いがあり、Op.18-W1とは逆のH-H-H-Fisという進行をとる。Op.18-W1では冒頭の音型を模倣するように改変されたともいえる。前半と同様、[29]以降が両手とも1オクターヴ上がっている。
全体として、右手が高音域を多用する傾向がある。

2. イ短調 →D145-W3 イ短調
この曲においても、[9]-[12]、[17]-[20]、[33]-[36]、[41]-[44]の右手でOp.18-W3より1オクターヴ高い音域が指示されている。細かく見ていくと、[4]の後半がレガートではなく、スタッカートの付いたオクターヴ連打になっていること、[14][22][38][46]の右手のリズムに付点がないこと、[25]-[27]、[29]-[31]の各小節1拍目にsfが付いていること、[33]以降のバスのA音がオクターヴで重ねられておらず単音であること、などが出版譜との主な相違点である。

3. ニ長調 →D365-29 ニ長調
Op.9-29との相違点はほとんどない。[9][11]のデュナーミク指示が若干異なるのみである。決定稿と言って差し支えないだろう。

4. ロ長調 →D145-W2 ロ長調
1821年5月20日に成立したBrown, Ms. 39(第7曲)とほとんど違いはない。Op.18-W2と比べると、左手の伴奏型の2拍目に2分音符がない、[17]3拍目~[18]1拍目・[19]3拍目~[20]1拍目の右手のタイがない、最終小節に2括弧がないのが相違点である。Brown, Ms. 39では出版譜と異なる内声を持っていた[14]は、Op.18-W2と同型になっている。

5. イ長調 →D365-30 イ長調
音符とデュナーミクはほぼ一致。最終小節[16]の2括弧がないだけである。[9][11]ではOp.9-30にはない1小節間のスラーが右手に付加されており、この曲の主要モティーフであるオクターヴトレモロの奏法を示唆している。[13]の2・3拍目にスラーがかけられているのも興味深い。

6. ハ長調 →D365-31 ハ長調
音符とアーティキュレーションは完全に一致。Op.9-31にある、p・fなどのデュナーミク指示は書き込まれておらず、[2][4][6]の3拍目のfzはffzと記されている。[11][13][15]の右手2拍目のアクセントもない。
第6曲の末尾には「Fine」と明記されており、この曲集が連作として完結したことを示している。

これら6曲、とりわけD365に収録された3曲は決定稿に非常に近い。この自筆譜の成立時期と、D365の出版時期(1821年12月)が近いことを考えれば、当然のことかもしれない。
  1. 2019/03/21(木) 00:44:36|
  2. 舞曲自筆譜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brown, Ms. 39 7つのドイツ舞曲

Brown, Ms. 39  7つのドイツ舞曲  Sieben Deutsche
タイトル:なし
日付:1821年3月8日(第1~6曲)、1821年5月20日(第7曲)
所蔵:ベルリン国立図書館(資料番号 Mus. ms. autogr. Schubert 23) →デジタルデータ

タイトルはないが、通し番号はシューベルト自身の筆跡で記されている。
嬰ヘ長調で書かれた第1~4曲・第6曲はヘ長調に移調されてD365の締めくくりに、第7曲はD145に収録され、残った第5曲にはD722のドイチュ番号が与えられた。

1. 嬰ヘ長調 →D365-32 ヘ長調
出版譜との相違点は、(調性を除けば)極めて少ない。[9]の左手の和音が微妙に異なるが、これはむしろOp.9-32(A-Cis-G)では「導音重複」という禁則を犯しており、この自筆譜の和音(As-Es-Ges)の方が正当である。製版時のミスかもしれない。[13][21]などのスラーの有無、2度のcrescの位置が若干異なる以外は、決定稿と言ってよい。

2. 嬰ヘ長調 →D365-33 ヘ長調
テクスト上の相違点はごくわずかだが、[17]-[32]にOp.9-33にはない繰り返し記号がついているのは大きな違いかもしれない。[25][27][29][31]1・2拍目の和音連打にスタッカートを欠いているが、これは単なる省略とも考えられる。

3. 嬰ヘ長調 →D365-34 ヘ長調
音符は完全に一致。冒頭2小節の前奏で、3拍目にfpが付けられているのは興味深い相違点である。他に[3]右手の半音階にスラーが付されているのを除けば出版譜と違いはない。

4. 嬰ヘ長調 →D365-35 ヘ長調
後半の右手のスラーを欠いている他は出版譜と一致しており、決定稿といえる。

5. 変ト長調 D722
この自筆譜の中で唯一、生前の出版に含まれなかった曲である。詳しくは別記事で解説したい。

6. 嬰ヘ長調 →D365-36 ヘ長調
[2][4][14]で、Op.9-36よりも和音の構成音が多い。またアーティキュレーションに多くの違いがあり、とりわけ後半にはスタッカートによる分断がなく、長いスラーがかけられているのが目を引く。デュナーミクにおいては、[11]にcresc.の指示があるのが興味深い。

7. ロ長調 →D145-W2 ロ長調
日付を見るに、この曲だけが後から書き込まれたようだ。
Op.18-W2との相違は少ない。左手の伴奏型の2拍目の音を保持する2分音符がないこと、[14]3拍目右手の内声がないこと、[17]3拍目~[18]1拍目、[19]3拍目~[20]1拍目の右手のタイがないこと、最終小節の2括弧(左手が停止)がないことが指摘できる。またアーティキュレーション、アクセント等にも微妙に違いがある。

D365に収録された5曲については出版譜との相違が極めて少なく、決定稿に近い段階と思われる。
  1. 2019/03/19(火) 19:49:55|
  2. 舞曲自筆譜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brown, Ms. 40 4つのドイツ舞曲

Brown, Ms. 40  4つのドイツ舞曲  Vier Deutsche
タイトル:なし
日付:なし
所蔵:ベルリン国立図書館(資料番号 N. Mus. ms. 54) →デジタルデータ

公的施設に保管されている自筆譜の多くは、デジタルデータとしてオンラインで公開されており、いつどこからでも閲覧できるのは有り難い限りである。
1枚の紙片の両面に書かれた4つの舞曲は、2曲ずつD145(「12のワルツ、17のレントラーと9つのエコセーズ」作品18)D365(「36のオリジナル舞曲」作品9)に収録された。4曲の通し番号はシューベルト自身の筆跡である。
モーリス・ブラウンはこの自筆譜の成立時期を「1821年(?)」、ラインハルト・ファン・ホーリックスは「1820年5月(?)」と推定しているが・・・。

1. 変ホ短調 →D145-W5 ホ短調
Op.18-W5よりも半音低い変ホ短調で記譜されている。音符の相違は少なく、[8]の左手の3拍目が休符になっている、[12]の右手の8分休符がない、[16]の右手の音価が短いといった、いずれも本質的ではない部分。一方、アクセント、デュナーミク、アーティキュレーションなどは全く記されていない。

2. 変ホ短調 →D145-W8 変ホ短調
左手の伴奏型に違いが多い。Op.18-W8では右手に合わせて変則的なリズムになっている[4]は、ここでは前後と同じワルツ型を続けている。[6]の2・3拍目の音が変わっている上、バスからの音域が1オクターヴ内に収まる場合はバス音が1小節間ずっと伸びている([1][3][5][6])。[8]の終止の音型も違う。後半の終結部[15][16]もOp.18-W8では改訂されたようだ。
第1曲とは違い、デュナーミクの指定があり、とりわけ[5]のppはOp.18-W8にはない。一方でOp.18-W8にある[13][14]のクレシェンド・ディミヌエンド記号はここにはない。

3. 変イ長調 →前半:D365-6 変イ長調、後半:D365-7 変イ長調
前半8小節はOp.9の第6曲の前半、後半8小節は第7曲の後半にそれぞれ収まった。このように前半と後半がのちに別々の舞曲に組み合わされることはしばしばあったようだ。
前半はOp.9-6と音符はほぼ一致している。[1]から[7]までの毎小節、左手の1拍目から2拍目にかけてスラーが付されているほか、[2][4]の長いスラー、[8]の2拍目の和音などはBrown, Ms. 33の第1曲と同じ特徴がある。
後半はOp.9-7とは微妙に違いがある。まず[9]アウフタクトのEsの4分音符が、Es-Eの8分音符になっていて、D365-1を思わせる開始になっている。[10][14]のリズムも異なり、付点4分音符の後に3つの8分音符が並ぶ。またOp.9-7には見られない多くのスラーが記されている。

4. 変イ長調 →前半:D365-7 変イ長調
この曲の前半が、前曲の後半と組み合わされてD365-7になった。[1]3拍目から[2]にかけてのオクターヴの下降形が8分音符のトレモロになっており、この書法はD820-1を彷彿とさせる。[5]3拍目から[6]についても同様。
そして後半8小節は、その後出版されることなく消えてしまった。II度調のドミナントから始まる4小節間の和声進行はD365-6の後半と同じアイディアだが、メロディーは全く違う。

後にD145に収録される第1曲・第2曲は決定稿に近いが、D365収録の第3曲・第4曲は決定稿とはほど遠い姿をしている。同じくD365-6, D365-7の自筆譜を含むBrown, Ms. 33が決定稿に近いことを考えると、Brown, Ms. 33が成立した「1819年11月12日」より以前に書かれた自筆譜である可能性が高い(つまりブラウンやホーリックスの推定よりも古い)。
そして、その時点で既にD145-W5、D145-W8はほとんど完成していたようだ。
  1. 2019/03/18(月) 22:03:50|
  2. 舞曲自筆譜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ