FC2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

ピアノ・ソナタ 第3番 ホ長調 D459 ・ 3つのピアノ曲 D459A 概説

ピアノ・ソナタ 第3番 ホ長調 Sonate Nr.3 E-dur D459
作曲:1816年8月 出版:1843年(「5つのピアノ曲」として)
楽譜・・・IMSLP

3つのピアノ曲 Drei Klavierstücke D459A
作曲:不明 出版:1843年(「5つのピアノ曲」として)
楽譜・・・IMSLP


D459- I. Allegro moderato
D459- II. Allegro
D459A- 1. Adagio
D459A- 2. Scherzo. Allegro
D459A- 3. Allegro patetico


これらの5つの楽章(あるいは小品)は、1843年10月にライプツィヒのC.A.クレム社から「5つのピアノ曲」のタイトルで出版された。作曲者の死後25年後のことである。初版譜の表紙には「作曲者の遺作 確かな筋から合法的な手段で取得された作品」という物々しい断り書きが記されている。普通に考えて、原稿はフェルディナントから入手したのだろう。

その後、最初の2楽章の自筆譜が発見される。そこには「ソナタ」の標題と、1816年8月の日付があり、第2楽章(出版譜ではスケルツォとなっているが、自筆譜にはただアレグロとのみ記されている)の中間部までで中断され、未完となっている。第3楽章・第4楽章の自筆譜は今に至るまで発見されていない。
ともあれこの自筆譜の存在によって、「5つのピアノ曲」は「ソナタ第3番」(5楽章構成)としてピアノ・ソナタの仲間入りをすることになる。
ただ、シューベルトのピアノ・ソナタで5楽章構成の作品は他に例がなく、スケルツォを2つ持つソナタというのも据わりが悪いことから、これが作曲者の意図した形ではないということは薄々感づかれてきた。第2楽章の自筆譜が未完であることから、シューベルトはこの時点でこの楽章を捨て、新たに第4楽章のスケルツォを書き下ろしたのだ、という説もある。
ところが、第5楽章アレグロ・パテティコの最後の8小節が、メヌエットD41-21の自筆譜の裏面に書き付けられ、それに続けてアダージョD349が書かれていることが発見されてから事情が変わってきた。アレグロ・パテティコは、おそらくソナタのフィナーレではなく、第1楽章として構想された作品であり、D349はそれに続く緩徐楽章なのだ。つまりD459-I,IIとは別個のホ長調ソナタがここに存在することになる。

そういうわけで現在のドイチュ目録では、ソナタとしてのアイデンティティが確かめられている最初の2楽章をソナタD459、それらと一緒に出版された残りの3楽章(3曲)を「3つのピアノ曲」D459Aとして、別々の番号で整理している。
クレムのもとに「確かな筋から合法的な手段で」もたらされた自筆譜はどのような状態だったのか。5曲がまとまっていたのか、他の多くの小品の中から任意に選び取ったのか、今となっては知る由もない。ただ、現在検討できる自筆譜の状況から察するに、
(A) D459-I(第1楽章)+D459-II(スケルツォ?)
(B) D459A-3(第1楽章)+D349(緩徐楽章)

という別系統のソナタ楽章が混在していることは確かである。
ひとつのソナタの中に、2つの緩徐楽章や2つのスケルツォが共存することはない。すると、類推となるが、明らかに緩徐楽章であるD459A-1はソナタ(A)に属し、D459-IIとは共存できないスケルツォD459A-2はソナタ(B)の後続楽章という可能性もある。ただしいずれも終楽章にあたる楽章がない。ファビオ・ビゾーニは従来D566のホ短調ソナタの関連楽章とされてきたホ長調のロンドD506が、ソナタ(B)のフィナーレとして構想されたのではないかと唱えている。
ソナタ(A)の成立時期は1816年8月で確定しているが、ソナタ(B)についてはさまざまな可能性がある。同じく1816年頃だとすれば、1817年作曲の第4番D537を「第5ソナタ」と記した謎にひとつの解決の糸口がもたらされるし、1817年とすれば同年の「6曲セット」の欠番たる第3ソナタ・第4ソナタの候補作品となり得るだろう。

ところで、シューベルトの完成されたピアノ・ソナタで第2楽章にスケルツォが来る作品はない。緩徐楽章とスケルツォの配置を逆転させたベートーヴェンの方式にシューベルトは従わず、モーツァルト以来の「緩徐楽章→スケルツォ」という順番に固執した。ところがピアノ・ソナタ以外の多楽章作品の中にはスケルツォが先行する作品もある。そのひとつがヴァイオリンとピアノのためのソナタ(二重奏)D574だ。
1817年の作品とされるD574と、この作品には非常に似通った楽想が認められる。

たとえば主和音の第2転回形のアルペジオで始まるスケルツォ(D574-IIとD459A-2)。
D574-II
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ D547~第2楽章 スケルツォ

D459A-2
3つのピアノ曲 D459A~第2曲 スケルツォ

ハ長調・3/8拍子で16分音符の刻みと3連符のポリリズムを持つ緩徐楽章(D574-IIIとD459A-1)。
D574-III
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ D547~第3楽章
D459A-1
3つのピアノ曲 D459A~第1曲

低音部の半音階に導かれて始まる3/4拍子の舞曲調の無窮動(D574-IVとD459-II)。
D574-IV
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ D547~第4楽章
D459-II
ピアノ・ソナタ 第3番 D459~第2楽章

こうやって並べてみると、どこか同種の表現の根から生まれた双子のように思えてならない。
そう考えると、D459-IIは主調のホ長調、ソナタ形式で書かれているのだから、D574-IVのような急速な3拍子のフィナーレと考えることも可能だ。初版譜にスケルツォと題されている先入観で見てしまうわけで、本来自筆譜にはスケルツォとは書かれていない。すると、D459-IとIIだけで、たとえばベートーヴェンの作品78の嬰ヘ長調ソナタ(「テレーゼ」)のような2楽章ソナタとして完結しているとみることも可能だ。シューベルトのピアノ・ソナタに2楽章で完結しているものは他に無いけれども・・・。

というふうに、楽章構成の可能性を考えていくときりがない。
今回は1843年の初版譜の通りの順番で5つの楽章を並べて演奏し、その後にアダージョD349も付け加えることとした。


D459-Iの書法上の際だった特徴は、弦楽四重奏の発想で書かれていることである。シューベルトの初期のピアノ曲に弦楽四重奏を連想させる部分はとても多いが、ここまで楽章全体にわたって線的なテクスチュアが貫かれている作品は珍しい。声部の絡み合うさまが提示部の両主題の性格を決定づけており、ホモフォニック=ピアニスティックな書法はコデッタで部分的に現れるのみである。展開部は相変わらず主題を並列的に配置していくスタイルであり、主題間の相克はみられない。ホ短調のドミナントペダル(H音の連打)上で始まり、ハ長調に転調、そこからイ短調を経由して、イ長調(下属調)から再現部を開始する。モーツァルトのK.545が典型例である下属調再現はシューベルトのピアノ・ソナタにはあまり例がないが、ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ)イ短調D385で行われている。
D459-IIは前述の通り、三部形式の舞曲楽章のように見えて実際には明瞭なソナタ形式でまとめられている。奇妙なオクターヴユニゾンで始まる第1主題はやはり弦楽四重奏のスタイルに嵌め込まれたあと、ドミナントペダルの上で切迫感のある展開を始める。属調に転調して、右手のオクターヴトレモロ音型が印象的な第2主題となる。両主題に共通するのは2分音符+4分音符の「長短」のリズムモティーフである。展開部は4つの和音によるカデンツで強引にト長調に転調して始まり、線的な書法でゼクエンツ(同型反復)を繰り返しながら次々とさまざまな調性へ転調していく。再現部はほぼ型どおりだが、実際には第2主題部にいくつかの細かいヴァリアントが施されており、これは出版社や第三者による改変とは考えにくいので、現存する未完の自筆譜とは別にシューベルト自身が完成稿を書き上げたと考えるのが自然だろう。決して途中で見捨てられ、D459A-2に取って代わられた不出来なスケルツォではないのである。

D459A-1は穏和かつ深い情感を湛えた緩徐楽章だが、楽式としては展開部を欠くソナタ形式であり、この作品にはソナタ形式の楽章がことのほか多いのがわかる。冒頭はやはり弦楽四重奏風だが、次第にピアニスティックな書法が支配的になっていく。
D459A-2は三部形式の精力的なスケルツォ。時折伴奏型に舞曲の要素が顔を出す。中間部はPiù tardo(とても遅く)と指示され、やはり弦楽四重奏的なポリフォニックな音楽となる。
D459A-3Allegro pateticoという指示は、他のシューベルト作品では目にしたことがなく、出版社による改変かもしれないが、楽曲のキャラクターと合致しているようにも思えない。5連符・6連符といった自由なリズムによるアルペジオのモティーフはシューベルト作品としては異色で、ベートーヴェンの「熱情」ソナタの展開部を想起させる。第1主題提示後の推移部はやはり弦楽四重奏風のスタイルになるが、第2主題、そして展開部においては完全にピアニスティックな書法に移行している。コーダも甚だ精力的であり、ヴィルトゥオジティを存分に発揮させて曲を閉じる。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/03(木) 23:35:11|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0