FC2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

アダージョ ハ長調 D349 概説

アダージョ ハ長調 Adagio C-dur D349
作曲:1816年? 出版:1897年(旧全集)
楽譜・・・IMSLP

D459A-3+D349 自筆譜
D459A-3の最後の8小節と、D349の第1-31小節の自筆譜。右下のサインは例によってニコラウス・ドゥンバ。

メヌエットD41-21自筆譜の裏面、D459A-3(アレグロ・パテティコ)の最終小節を書き終えるやいなや、同じ段の続きに書き始めたのがこのアダージョである。D459A-3の大部分は失われているので、いったい何のつもりで書いたのかは不明だが、初期のシューベルトが小品集というジャンルを手がけていたとは考えにくく、ひとつのソナタの第1楽章と第2楽章(緩徐楽章)という関係性とみるのが自然だろう。
D459A-3と同じ五線紙には第31小節までが書かれ、第32小節以降は別の五線紙に書き付けられている。その末尾、第84小節まで書いたところで「V.S.」(素早くめくれ)と指示があるのだが、めくった裏面には歌曲「憧れ」D516のスケッチが記されていて、第85小節以降は行方不明(未完)である。よく見るとD516を書き始める前、五線紙の左上に大譜表を書いて消した跡があり、何かの手がかりになるかと思って注視したのだが、ニ長調(またはロ短調)、3/4拍子という曲頭の指示があるのみで、2/4拍子・(第84小節時点で)ホ長調のD349の続きということはあり得ない。3/4拍子ということはひょっとしてここにもメヌエットを書くつもりだったのかもしれないが・・・。
D349自筆譜の裏
歌曲「憧れ」D156初稿自筆譜の一部。最初に何か書きかけて消した跡がある。

構成でいえばABA'B'のB'部分の途中までが残されていることになる。Aは葬送行進曲にも似た荘重な和音連打と、それに3音の動機が応えるように進行していき、一方でBは付点リズムがスキップあるいはスウィングのように続く、いくぶん軽快で浮遊感のあるセクションである。Aがハ長調、Bがヘ長調で提示されるのに対し、A'は変イ長調、B'はホ長調といった遠隔調(長3度関係調)をとる。
B'の中断箇所の続きはBの並行箇所を参照してある程度復元可能である。しかし曲そのものがどのように終わるべきかは議論の余地が残るところだろう。
今回の補作にあたっては、ソナタに属する楽章の通例として開始の調性に戻るのが普通と判断し、Aを参考に新たにハ長調のA''を設定し、そこへうまく着地できるようにブリッジ部分に変更を加えた。つまり全体としてはA-B-A'-B'-A''というロンド形式風の構成となった。
シューベルトはひょっとするともっと大規模な構成を考えていたかもしれないが、主題のテンポ感なども考慮するとこれ以上の拡大は冗長さを招くだけであろう。
それにしても、中断箇所のB'の全体的な調性がホ長調、すなわちD459A-3の主調であることは興味深い。D459+D459Aに含まれるホ長調の楽章、すなわちD459-I、D459-II、D459A-3のいずれもが、その展開部にハ長調の部分を含んでいることと対応している。

同じくD41の自筆譜の裏面に書かれた未完の作品としてアンダンティーノD348がある。これもD349と何らかの関連性があるのではないかという説もあるが、確証はない。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/04(金) 19:33:00|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻想曲 ハ長調 D605 概説・補筆について

幻想曲 ハ長調 Fantasie C-dur D605
作曲:1821-23年頃? 出版:1897年
楽譜・・・IMSLP

この作品の来歴についてわかっていることは非常に少ない。自筆譜にはタイトルもテンポ指示も、楽器の指定もなく、楽譜が作品の冒頭から始まっているのかどうかすら定かではない。そして第146小節でぷつりと中断し、未完となっている。

曲はいくつかの異なる楽想が連なっていく、「幻想曲」の特徴を備えている。特筆すべきなのは、すべてのセクションが必ず冒頭主題のモティーフ(ソ・シ・ド・ミという上行音型とその変奏)を用いて始まっていることと、セクション間のブリッジに冒頭の減七の和音のアルペジオが繰り返し使用され、転調を導いているということである。
一つのモティーフから多部分形式の幻想曲を編むという手法は、「グラーツ幻想曲」D605Aや「さすらい人幻想曲」D760と同じ発想に基づくもので、おそらく「グラーツ幻想曲」に先立って、もしくは同時期に作曲されたと考えられる。後にこの作品に興味を持ったヨハネス・ブラームスは、シュナイダー博士という人物が所有していた自筆譜をもとに詳細な筆写譜を作成しており、このとき初めて「幻想曲」というタイトルが提案された。この筆写譜はウィーン楽友協会資料室に収められている。

この作品のセクション構造は次のようになっている。
第1-19小節  冒頭主題提示部(速度指示なし、ハ長調)
第20-51小節  経過部(ハ長調→・・・→変イ長調)
第52-114小節  Allegro moderato(ハ長調→ハ短調→変イ長調→変ト長調)
第115-142小節  Andantino(ロ短調、3/4拍子)
第143-146小節  (ロ長調、中断)

作品の性格上、中断後の展開が的確に予想できないため、補作は極めて困難な作業となったが、次のように考えつつ補筆を試みた。
まず、開始後4小節で中断となるロ長調のセクションを全体のおよそ半分の地点と仮定する。第115小節でロ短調に転調するまでは、調号上はずっとハ長調のままだが、実際にはさまざまな調へ転調している。その中でも支配的なのは変イ長調で、これはハ長調からみて「長3度下の長調」である。シューベルトが愛したこの音程関係の転調を最後にも適用することにして、ハ長調で終結する前のセクションはホ長調とする。前述の「グラーツ幻想曲」に倣って、最後は冒頭主題を回想して静かに終わることとし、その直前のホ長調のセクションは舞曲風の軽快な曲想にしてコントラストを持たせる。そして新しいセクションの主題には冒頭のモティーフを使用し、セクション間の繋ぎ目には減七のアルペジオを用いる。

今回私が書き足した部分は以下の通りである。
第147-183小節  (ロ長調、中断されたセクションの続きでロ短調のセクションの再現を含む)
第184-213小節  Moderato(ト長調・ト短調、4/4拍子、Allegro moderato・経過部分の回想)
第214-239小節  Allegro(ホ長調、記譜上12/8拍子の舞曲風)
第240-260小節  Tempo I(ハ長調、冒頭部分の再現)
それまでのセクションの要素を回想しつつ、比較的自由に私なりの曲想を展開させている。

あわせて述べておくべきこととして、第29小節以降、自筆譜でオクターヴ・和音の急速な「連打」として記されている音型は、「トレモロ」で演奏する。こうした、ほとんど演奏不可能な書法は「さすらい人幻想曲」の初稿などにも現れており、同作の改訂の結果なども考え合わせて、このようなアレンジを施しても差し支えないと判断した。
また自筆譜は記譜がかなり簡略化されており、連打が斜線で記されているほか、オッターヴァ・アルタ(オクターブ高く)やオッターヴァ・バッサ(オクターヴ低く)の終了箇所がきちんと明示されていないところが多い。音楽的に判断して終了箇所を決めたが、第31小節の左手で、シューベルトの時代のピアノはおろか、現代の通常の88鍵のピアノでも演奏できない音が出現している。今回の演奏会ではベーゼンドルファー・インペリアルのエキストラ鍵盤を用いて演奏する。

これらのことを総合すると、もともとピアノ曲ではなく、管弦楽曲のスケッチとして書かれたという可能性も十分に考え得る楽曲である。
  1. 2015/10/27(火) 23:26:00|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0