シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8つのエコセーズ D529 概説

8つのエコセーズ Acht Ecossaisen D529
作曲:1817年2月 出版:1871年(第1~3,6,8曲)/1897年(第4,5,7曲)
楽譜・・・IMSLP

(曲種「エコセーズ」の解説はこちら)

シュパウン家に伝わる自筆譜には1817年2月の日付がある。8曲のうち、第1~3曲、第6曲、第8曲のみが抜粋され、D420と組み合わせて1871年に出版されたことは前述した通りである。この5曲が抜粋された経緯は定かではないが、おそらくシューベルト自身が5曲を抜き出して別の自筆譜を作成し、これがシュタットラーを経てゴットハルトに渡り、D420同様製版後に散逸したとみられる。
このとき出版されなかった3曲は1897年に新全集の補遺として初めて公開されたが、他の5曲はやはりD420と組み合わせた形で1888年の本巻に既に収められていたので、収録巻が2つに分かれてしまった(IMSLP参照)。そういう経緯もあり、D529については今も「5つのエコセーズ」の表記が根強い。今回の公演の告知資料にも「5つのエコセーズ」と表記してしまったが、自筆譜に基づき「8つのエコセーズ」として、自筆譜通りのオーダーで演奏する。
第3曲を除いてすべてニ長調で書かれており、全曲エコセーズの定型通り8小節+8小節の二部形式をとっている。

1. ニ長調
 シューベルトの好みのダクティルスによる開始。左手にホルン風の音型が現れる。
2. ニ長調
 ファンファーレ風の和音に続き、ギャロップのようなスケルツァンドな音型が奏される。
3. ト長調
 装飾音を伴うモティーフは前曲のB部分から採られている。
4. ニ長調
 意表を突いたドミナントからの開始。右手は無窮動の8分音符が続き、左手には再びホルン音型が登場する。
5. ニ長調
 前曲に続いて右手は無窮動。B部分はソロとトゥッティの対比になっている。
6. ニ長調
 ダクティルスとは逆の、短短長のリズムで重音や和音が刻まれていく。
7. ニ長調
 前曲と同じく短短長リズムだが、こちらは単音の連打でより軽やかな曲想。連打には432という指使いまで指定されている。
8. ニ長調
 冒頭に「Nach einem Volkslied」(民謡に基づく)との注記がある。ドイチュの研究によると、ニーダーエスターライヒの民謡「's Bedlwaibl wollt Kiarifiartn gehn(貧しい女は市に行きたかった)」、別名「Der geschlagene Mann」(殴られる男)が原曲だという。
この民謡は古くから存在したようで、既に1578年の文献に載っているというが、その後アルプス地方で長く歌い継がれ、1818年にフランツ・ツィスカとユリウス・マックス・ショットキーが編集した「オーストリア民謡集」に収録されている。モーツァルトのディヴェルティメント第15番K.287の終楽章をはじめ、数多くの音楽作品に引用されている有名なメロディーだったようだ。シューベルトの舞曲でこのような注記がある作品は珍しいが、きっと仲間内でも評判になったことだろう。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/13(火) 08:51:39|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12の高雅なワルツ D969 概説

12の高雅なワルツ Zwölf "Valses nobles" D969 Op.77
作曲:1826年? 出版:1827年
楽譜・・・IMSLP

1827年の舞踏会シーズンに合わせて、年初にハスリンガー社から出版された。出版される以前から仲間内では好んで踊られていたようで、おそらく出版の前年に作曲されたものと考えられている。シューベルティアーデでの本作の演奏について記述を残しているハルトマン兄弟は、あるときには「ドイツ舞曲」、あるときには「ワルツ」と呼んでおり、作曲者晩年のこの時点においても舞曲の呼称は定まっていなかったことが窺える。

感傷的なワルツ」と同じく、この「高雅なワルツ」も、その形容詞が曲の内容と一致していないということは、作曲年の5月に刊行されたフランクフルト音楽新報で既に指摘されている。各出版社が舞踏会シーズンにこぞって舞曲集を出版し、趣向を凝らしたタイトルで人目を引くものも多かった中で、「高雅なワルツ」はまだ控えめなネーミングだったといえるだろう。実際には、シューベルトの舞曲の中でも最も大胆かつ激しい音楽が繰り広げられており、強弱のコントラストも際立っている。

1. ハ長調 [B] その他+メヌエット型ワルツ型
ファンファーレ風の威勢の良いユニゾンが舞踏の幕開けを告げる。
2. イ長調 [B] ワルツ型
2拍目にアクセントを置いたマズルカ風のリズムが特徴的。
3. ハ長調 ドイツ舞曲型
58小節まで拡大され、構造も不定である。空虚5度の保続で始まり、3度や6度を伴う並行オクターヴの旋律が、牧歌的な伴奏に乗って歌われていく。途中突如イ長調に転調する部分は幻想的。
4. ト長調 [T] ワルツ型
長い倚音がしなだれかかるようなしなを作る。
5. イ短調 [T] メヌエット型ワルツ型
前半が16小節に拡大。両手のオクターヴが力強く堂々とステップを踏む。
6. ハ長調 [B] ワルツ型
分散和音のメロディーが続く、シンプルな舞曲。
7. ホ長調 [T] その他+ワルツ型
オクターヴの跳躍が華やか。8分音符の和音連打はどことなく軍隊風である。
8. イ長調 [T] その他
前曲の軍隊風の要素を引き継ぎ、舞曲というよりかわいい行進曲のような作品。再現のA'は音域が下がり、コーダ風になる。
9. イ短調 [T] その他+ワルツ型ドイツ舞曲型
再び短調となり、舞曲としては異例の激烈かつ悲痛な感情が吐露される。終盤では第3曲由来の空虚5度の保続が再登場するが、それは決してのどかなものではなく、一種の狂気すら感じさせる。
10. ヘ長調 [B] ワルツ型
前曲の緊張をほどくかのような優雅なワルツ。
11. ハ長調 [B] その他+ワルツ型
和音の連打が印象的。
12. ハ長調 [T] ワルツ型ドイツ舞曲型
中間部で突然遠隔調の変ロ長調に転調、天上の世界が広がる。後半の繰り返しはなく、最後は冒頭と呼応するようなオクターヴのユニゾンで、力強く曲集を締めくくる。
  1. 2016/04/07(木) 10:13:20|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3つのエコセーズ D816、6つのドイツ舞曲 D820 概説

3つのエコセーズ Drei Ecossaise D816
作曲:1824年9月 出版:1956年

6つのドイツ舞曲 Sechs Deutsche D820
作曲:1824年10月 出版:1931年
楽譜・・・IMSLP

これらの舞曲は1824年の秋、ハンガリーのジェリズ(ツェリス、ゼレチュとも。現在のスロヴァキア領ジェリェゾフチェ)滞在中に作曲された。シューベルトは貴族エステルハージ家の音楽教師に雇われ、1818年と24年の2回、夏の別荘のあったジェリズに滞在している。シューベルトがこれほど長い間ウィーンを離れるのは珍しいことだった。シューベルトはここでエステルハージ家の令嬢、マリーとカロリーネの姉妹に音楽を教え、とりわけ1824年の滞在で妹のカロリーネに恋心を抱いたのではないかといわれている。

これらの2つの舞曲集は、おそらく舞踏目的ではなくレッスンの教材として書かれたのではないかと推測される。とりわけD820の自筆譜はカロリーネの死後遺品の中から発見されており、カロリーネに個人的に贈られたものと見て間違いないだろう。

D816の3つのエコセーズは、いずれも16小節のごく短い舞曲で、最初の2曲はニ長調、終曲は変ロ長調で書かれている。

D820の6つのドイツ舞曲は、6曲が並列されているのではなく、3曲ずつの2セットの形をとる。それぞれのセットの2曲目・3曲目の後で1曲目に戻るように指示されており、D380の「2つのトリオを持つ」メヌエットと同様に、1-2-1-3-1、4-5-4-6-4の順で演奏される。変イ長調で書かれた前半3曲では、繊細に変化する和声が、光と影のやさしい移ろいを描くかのようだ。後半3曲は変ロ長調で、強烈なアクセントと幅広い音域が豊かなコントラストを形成している。この曲集は1931年に出版され、同じ年に編曲されたアントン・ヴェーベルンによる管弦楽版でも知られている。
  1. 2016/04/07(木) 08:07:07|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12のドイツ舞曲(「レントラー」) D790 概説

12のドイツ舞曲(「レントラー」) Zwölf Deutsche (genannt "Ländler") D790 Op.171
作曲:1823年5月 出版:1864年
楽譜・・・IMSLP

1823年5月の日付が記された本作の自筆譜は、後にヨハネス・ブラームスの手に渡り、彼が匿名の校訂者となって、1864年にシュピナ社から「12のレントラー(遺作)」として出版された。ただし自筆譜にはそのようなタイトルはなく、ただ「Deutsches Tempo」(ドイツ舞曲の速さで)と書かれているのみである。新全集では、ブラームスの命名によると思われる「レントラー」の題が外され、「ドイツ舞曲」に分類された。
この連作舞曲は、調性配列、キャラクターの配置、モティーフの関連性などが緻密に考え抜かれており、また和声のパレットも多彩で、複雑な表情がもたらされている。「楽興の時」に比類しうる性格小品集の趣すらあり、シューベルトの舞曲集の中で最高の芸術性を誇る傑作といってよいだろう。

1. ニ長調 [T] レントラー型メヌエット型
前半、後半とも16小節に拡大されている。田舎風の保続低音で始まるが、中間部でヘ長調に転調し、和音の強奏とともに聴く者を驚かす。
2. イ長調 [B] メヌエット型
こちらも後半が16小節だが、三部形式にはならず、二部形式が拡大した形である。力強いオクターヴユニゾンで始まる、ダイナミックな舞曲。1825年にカッピ社から作品33として出版された舞曲集「16のドイツ舞曲と2つのエコセーズ」D783の第1曲に転用されている。
3. ニ長調 [B] ワルツ型
減七の和音から始まり、半音階を多用した表情豊かな旋律線が魅力。
4. ニ長調 [B] ワルツ型
元気な付点リズムを伴うマズルカ風の舞曲。同じ調性ながら前曲と対照をなす。
5. ロ短調 [T] レントラー型
pppの最弱音が指示され、音価の長い和音が奏でられる静的な異世界。
6. 嬰ト短調 [T] その他+ワルツ型メヌエット型
ここにはもはや舞踏の要素はほとんど残っていない。独特の掛留と半音進行を多用し、ずるずると下降する音型、痛みを吐露するような和音の強奏が強烈な印象を与える。
7. 変イ長調 [T] レントラー型
主音のバスをペダルで伸ばすように指示されており、冒頭曲にも似た田園的な雰囲気がある。
8. 変イ短調 [T] ワルツ型
プラルトリラーで始まるメロディーと複雑な和声が、古き佳き時代のメランコリックな情緒を醸し出す。この曲もD783の第10曲に転用されているが、そこではイ短調に移調されている上、前半がもっと単純な音楽に書き換えられている。おそらく原曲はこのD790で、出版目的のD783に収録するにあたって、易しく書き直したのであろう。
9. ロ長調 [B] ワルツ型
無窮動ながら優しげな旋律線は、ショパンのワルツにも通じる洗練を感じさせる。
10. ロ長調 [B] ワルツ型
後者は跳躍の多い旋律とモティーフ間の対話が楽しく活発な印象。
11. 変イ長調 [B] その他+ワルツ型
属音の保続の上に、表情豊かな和音がしっとりとした情感を残す。
12. ホ長調 [B] ワルツ型
後半がやや拡大されている。単純な和声と繰り返しの多い旋律はさながら手回しオルガンのようだが、その機械的な進行の中に一瞬だけ現れる転調がきらりと光る。
  1. 2016/04/06(水) 22:42:52|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

34の感傷的なワルツ D779 概説

34の感傷的なワルツ Vierunddreißig "Valses sentimentales" D779
作曲:1823年? 出版:1825年
楽譜・・・IMSLP

1825年11月にディアベリ社から出版された、シューベルトの最も有名な舞曲集のひとつである。その知名度は、「感傷的なワルツ」という標題に負っているところが大きいが、実際にはシューベルト自身による命名ではないと考えられている。ディアベリとは1823年4月に絶縁しており、おそらくそれ以前に渡した自筆譜をもとに、ディアベリが無断で出版し、その際にこの魅力的なタイトルを付けたのだろうと思われる。
シューベルトの生前に出版された舞曲のほとんどは、自筆譜が失われている。製版後に自筆譜は破棄されるのが通例だったのだ。本作の自筆譜も消失しているが、いくつかの曲に関しては草稿が残されており、それらには1823年2月の日付がある。ディアベリとの関係を考えても、曲の成立はその前後と考えるのが自然だろう。
34曲という大規模な曲集が、はじめから連作として構想されたとは考えにくい。もしかしたら、もっと大量の舞曲の束の中から、出版社が34曲だけを選抜したという可能性もある。しかし曲の配列は闇雲なものではなく、調性が変わる際には近親調へ移動するように配慮されている。

曲集全体の印象は決して「感傷的」なものではなく、むしろ快活で軽やかである。短調のワルツはなく、たとえ短調の和音で始まっても平行長調で終止するように書かれていることも、曲集の明るい雰囲気の一翼を担っている。

1. ハ長調 [B] ワルツ型
 第1-4,33,34曲は、その他の3曲の舞曲とともに合計9曲の曲集として編まれた異稿が存在する。これによると、第1曲と第2曲はハ長調ではなくロ長調であり、もともとはロ長調で構想された可能性が高い。確かにシャープ5個のロ長調は一般向けには読譜しにくいので、出版にあたって移調したのかもしれないが、ハ長調とロ長調ではかなり調性感が異なる。
 最初の4曲に共通するのは、1と1/4拍、つまり16分音符1個+8分音符2個という変則的なアウフタクトのリズムである。このリズミカルなアウフタクトは他の曲集には見られないもので、音楽に活気を与えている。
 第1曲は爽やかな印象の舞曲で、上声に長い音符のオブリガートが現れる。
2. ハ長調 [T] ワルツ型
 右手が三和音を連打するモティーフ。B部分で変ホ長調に転調する。
3. ト長調 [T] ワルツ型
 D音を基軸に8分音符でジグザグする音型がスケルツァンドの雰囲気を演出する。B部分は属調のニ長調。
4. ト長調 [B] ワルツ型
 第2曲に似た和音連打、付点リズムのアウフタクトが威勢の良い印象を与える。
5. 変ロ長調 [T] ワルツ型
 分散和音形の跳躍の多い旋律線が、ヨーデル風でもある。B部分は属調のヘ長調。
6. 変ロ長調 [B] ワルツ型
 和音やオクターヴの連打が続く。3拍目に置かれたアクセントが民俗的な趣を醸す。
7. ト短調→変ロ長調 [B] ワルツ型
 装飾を伴い、高音からひらひらと舞い降りるような優雅な旋律。前半はト短調、後半は平行調の変ロ長調となる。
8. ニ長調 [B] メヌエット型
 ff、左手のオクターヴも相まって力強く男性的なステップ。第8,9,12,14曲は他の13の舞曲とともに草稿が残っており、そこには「1823年2月」の日付と、「ドイツ舞曲」のタイトルがある。
9. ニ長調 [B] ワルツ型
 右手が鍵盤上を駆け回る。2拍3連のヘミオラのリズムで、フレーズが分割されている。
10. ト長調 [B] ワルツ型
 冒頭4曲と同様の、16分音符が追加されたアウフタクトを持つ。8分音符2つずつスラーがかけられ、ヴァイオリンのボウイングを彷彿とさせる。
11. ト長調 [B] ワルツ型
 分散和音が高音域まで駆け上がる。爽快な印象のワルツ。
12. ニ長調 [B] ワルツ型
 前曲と対照的に、半音階を多用した音域の狭いモティーフ。後半の短調系の借用和音も相まって、洒落た印象を与える。A部分は1回目と2回目に違いがあるため、繰り返しではなくのべで書かれている。
13. イ長調 [T] ワルツ型
 前半の山場とも言うべき名曲。2小節の序奏も含めて、やや変則的な小節数をとる。2声で重ねられたヘミオラのメロディーには、「zart」(甘く、やさしく)との指示がある。B部分は幻想的な嬰ハ長調に転調、そこから主部に戻るときの魔法のような転調は、19世紀の舞踏会の優雅な空気を想起させる。リストが「ウィーンの夜会」S.427の第6曲に大々的にフィーチャーしたことでも有名。
14. ニ長調 [B] ワルツ型
 2拍目・3拍目のffの和音連打、強弱の対比がダイナミック。
15. ヘ長調 [T] ワルツ型
 1拍目にきびきびしたアクセントを伴い、8分音符のメロディーが音階的に上下行する。中間部は平行調のニ短調。
16. ハ長調 [B] メヌエット型ワルツ型
 前曲を引きずって、ヘ長調のドミナントから始まる。ファンファーレ風の分厚い和音が威勢良く連打される。
17. ハ長調 [T] ワルツ型
 倚音が豊かな表情を生み出す。属調・ト長調のB部分では右手が長い上行スケールを奏でる。
18. 変イ長調 [B] ワルツ型
 付点4分音符がリズムにスイングをもたらす。
19. 変イ長調 [B] ワルツ型+その他
 上声が属音のミ♭を保続。伴奏型はワルツ型から時折解放され、対旋律を担当したりと音楽を重層的にする。
20. 変イ長調 [B] ワルツ型
 付点4分音符+8分音符+4分音符の同音によるリズムが主要モティーフ。
21. 変ホ長調 [B] ワルツ型
 前曲のモティーフを受け継ぐ。後半の和声は変イ長調に傾く。
22. 変ホ長調 [T] ワルツ型
 1拍目の4分音符に精力的なアクセントを伴う分散和音のメロディー。B部分は属調の変ロ長調。
23, 変ホ長調 [B] ワルツ型
 ト短調のII度という特殊な和音から始まる。B部分はA部分の終結部のモティーフを引き継いで展開される。
24. ト短調→変ロ長調 [B] ワルツ型
 長く伸ばされたバスが主音を保続。メロディーに付けられたプラルトリラーが懐古の趣を醸す。
25. ト長調 [T] ワルツ型
 前曲に引き続きバスが主音を保続しがちで、田園風の情緒がある。B部分では3拍目に執拗なアクセントが置かれ、Aの再現はかなり変化している。
26. ハ長調 [B] ワルツ型
 第22曲と似たアクセントと分散和音のモティーフ。後半で和声が表情豊かに変化する。
27. 変ホ長調 [T] ワルツ型
 スタッカートや装飾音を伴う、スケルツァンドなワルツ。B部分は平行調のハ短調に転調し、ややワイルドな曲想になる。
28. 変ホ長調 [B] ワルツ型
 シューベルトの偏愛したダクティルスのリズムをフィーチャー。メロディーはオクターヴで重ねられる。後半同主調の変ホ短調から変ト長調へと美しく転調する。
29. 変ホ長調 [T] ワルツ型レントラー型
 16分音符1つぶん多いアウフタクトが復活。重音を伴う複雑な旋律音型がエレガントな印象を与える。
30. ハ長調 [B] ワルツ型+その他
 呼びかけるようなヨーデル風の音型が特徴。後半では2拍ごとにフレーズが分かれ、伴奏もこれに追随するため、拍感が不明瞭になる。
31. イ短調→ハ長調 [B] ワルツ型
 同じく短調で始まる第24曲同様、メロディーを古典的なプラルトリラーが装飾する。
32. ハ長調 [B] ワルツ型
 付点のリズムが全曲を支配。A部分は1回目と2回目で後半4小節が大きく変化する。
33. 変イ長調 [B] ワルツ型
 3拍目にアクセントを伴う1小節目の音型がモティーフとなり、全体に展開される。
34. 変イ長調 [B] メヌエット型
 これまでのワルツとは明らかに異なるメヌエット風の書法。

以上全34曲を見渡すと、ワルツ型の伴奏型が圧倒的大多数を占めているが、楽式はどちらかというと二部形式が多い中、要所要所に三部形式が点在し、コントラストを作っている。
ハ長調で始まりハ長調で終わる第1-17曲、変イ長調で始まり変イ長調で終わる第18-34曲の2部分に大きく分けると、前半はほぼ2曲または1曲ごとに転調するのに比べ、後半は3曲ずつ同じ調性の舞曲が並んでいることがわかる。また、前半は快活な曲調だが、後半になるに従って付点4分音符が頻出するようになり、ブラームス風の大人っぽい曲想の曲が増えていく。
この配列に作曲者もしくは編集者の意図が働いていることはおそらく確実だが、最後の変イ長調の2曲は、この長大な曲集を終わらせるにふさわしい舞曲かどうか、やや疑わしい。むしろ第32曲(ハ長調)で曲集を閉じた方が、全体の調性の流れとしてもしっくりくるような気がするのだが・・・。
そういった意味で、これら34曲は通奏を目的としておらず、はじめから抜粋での演奏を前提として集められたのかもしれない。
  1. 2016/04/06(水) 12:19:51|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。