fc2ブログ


シューベルティアーデ電子版

ピアノ曲全曲演奏会「シューベルトツィクルス」を展開中のピアニスト佐藤卓史がシューベルトについて語る
次回公演詳細

ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ短調 D625+D505 概説

ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ短調 Klaviersonate Nr.12 f-moll D625+D505
作曲:1818年 出版:1897年(旧全集)
楽譜・・・IMSLP


1818年のツェリス滞在中に作曲されたこのソナタの唯一の原資料は、ウィーン楽友協会所蔵の筆写譜集「ヴィッテチェク=シュパウン・コレクション」に収録されており、そこにはヘ短調の未完の両端楽章と、ホ長調のスケルツォが記されている。同コレクションの他の筆写譜と同様に多くの誤記を含んでいるが、この曲の場合は次兄フェルディナントの手による赤インクの訂正が目を引く。しかしその訂正は一見して誤りとはいえない箇所にまで及んでおり、今は失われた自筆譜と照らし合わせて朱を入れたのか、フェルディナント自身の解釈や趣味を反映したものなのかは判然としない。
このコレクションにおいては3楽章構成の、緩徐楽章を持たないソナタとして存在しているが、フェルディナントがディアベリ社のために作成した作品目録が後に発見され、このソナタに変ニ長調のアダージョD505が含まれていることが判明した。
このアダージョは1848年にディアベリ社から、ホ長調のロンドD506と組み合わせて「アダージョとロンド」作品145として出版されたが、その際には本来の変ニ長調からロンドと同じホ長調に移調させられた上、半分以下に短縮され、ロンドの序奏として半終止している。この無残な手術を行ったのはおそらく出版社であろうと考えられている。
アダージョの全体像はやはり「ヴィッテチェク=シュパウン・コレクション」の別の巻で知ることができるのだが、ここでは本来あるべき第6小節が欠落しており、ディアベリ版の当該箇所を移調して補うことでようやく完成をみた。
ヘンレ版の未完ソナタ集を校訂したパウル・バドゥラ=スコダは、ヴァイオリン・ソナタD574と同様に中間楽章を転倒させ、スケルツォを第2楽章として、アダージョを第3楽章として演奏することを主張しているが、今回はシューベルトのピアノ・ソナタの通例に倣って第2楽章アダージョ、第3楽章スケルツォという順序で演奏する。

このヘ短調ソナタは、同じ調性で書かれたベートーヴェンの『熱情』ソナタとの類似点が多い。第1楽章の第1主題のオクターヴユニゾンとトリルのモティーフは言うまでもなく、同じテーマが変イ長調で変奏され副次主題を形作る様子、また次第に3連符の刻みが主体になっていくところは、12/8拍子の『熱情』第1楽章を明らかに想起させる。緩徐楽章の変ニ長調という調性や、フィナーレの16分音符のパッセージも含めて、『熱情』がモデルになっていることはほとんど間違いないだろう。

第1楽章では、第3主題にあたる部分が『熱情』の変イ短調ではなく、平行調の変ハ長調をとっている。展開部でもシューベルトらしい独創的な和音連結によりややとりとめのない転調が繰り返された後、第1主題の再現を予告して筆写譜は中断している。以降型どおりに再現部を再建し、最後に短いコーダを加筆した。
変ニ長調のアダージョは平易な三部形式だが、中間部ではイ長調やハ長調といった遠隔調へ自由に飛翔していく。細かい書き落としが多く、臨時記号などは適宜補っている。
ホ長調のスケルツォは極めてエネルギッシュかつ強引な音楽で、半音階的な進行や技巧的なパッセージがインパクトを与える。イ長調のトリオでは転調のたびに和音が長く延ばされ、時間が停止したような不思議な印象を与える。
第4楽章は蠢くような両手ユニゾンで始まるが、すぐに嵐はおさまり、ヘ長調、変イ長調といった長調の世界に遊ぶ。ソナタ形式の再現部では左手のパートに数十小節の欠落を含むが、提示部からの移植で容易に補完できる。最後はヘ長調の和音が遠くから静かに鳴り響く。
スポンサーサイト



  1. 2023/10/24(火) 11:03:39|
  2. 楽曲について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0